三菱電機(野間口 有社長)は、新DMDを搭載し、迫力ある62V型の大画面でデジタル放送やDVDソフトの映像を鑑賞できる高画質DLP方式「62V型リアプロジェクションテレビ 62-DL5」を2月28日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は70万円前後となる見込み。月産500台。

 新製品は、米国で好評の製品をベースにしたもので、光源ランプを長寿命化することでランニングコストを低減し、DLPならではの高コントラストと本格的な黒色を再現した。

 プラズマや透過型液晶など他のデバイスに比べて焼きつきが無く長寿命で、画素の間隔が狭い新DMDの搭載による滑らかな映像を実現する。また、「HD2+」チップの採用により、ミラーの取り付け孔を大幅に小さくし、コントラスト悪化の原因となる乱反射を少なくした。ミラーを滑らかな鏡面に仕上げることで反射率を改善している。さらにコントラストを従来品比40%改善し、本格的な黒色を再現することなどで画質を向上させている。

 このほかの特徴は、(1)DLP方式では1枚のDMDでフルカラー表示をするため、6つのパートからなるカラーホイールに加え、新たにダークグリーンを追加し7分割にすることでDLP特有の暗部のノイズを大幅に低減、(2)32V型液晶テレビ相当の低消費電力による省エネとランプの長時間化で環境に配慮、(3)同社従来品65V型「65-DL1」に比べ、重量は約60%減の63.4kg、奥行きは109mm減の505mmと軽量・薄型化を実現――など。