ホロン(脇坂龍治社長)は、キーボード練習ソフト「パーフェクトキーマスター2」を、3月11日に販売を開始する。価格は5145円で、販売目標は3万本。

 新製品は、発売以来、世界中で約600万本の販売実績をもつキーボード練習ソフト。独自の練習プログラムを、その人に合った練習内容で行うことで、正しいタイピング能力を身につけることができる。「実力診断テスト」で、タイピング速度や正確さを分析し、レベルに応じた練習プログラムを自動的に作成。練習中のタイピング速度や正確さ、指使いなども分析し、弱点を克服する問題を自動的に出題する。

 総合評価はグラフで見やすく表示し、キー別速度や正確度、弱点の文字などを一目で把握できる。また、画面上のガイドハンドで、キーボード上の指の位置を確認できるので、手元を見ずにタイピングで可能。1文字の練習から、単語、短文、長文へと進む。

 そのほかの機能は、(1)文字を入力するスピードやガイドハンドを確認しながらタイピング練習ができる「パーソナルコーチ機能」、(2)8種類のタイピング練習ゲームが練習の合間に「ゲーム機能」、(3)任意のテキストデータを読み込んで、教材にできる「オリジナルテキスト読込機能」、(4)速度・正確度・制限時間などを設定できる「練習内容選択機能」、(5)複数の生徒を登録可能、(6)英数入力・ローマ字入力・かな入力・テンキー入力対応の4モード練習、(7)年齢層選択で、文字数などの目標値を自動変更――など。