松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は、DVDビデオカメラ「DVDデジカム」の新製品として、動画も静止画もきれいに撮影できる212万画素CCDを搭載した「VDR-M95」を3月19日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後の見込み。月産台数は2000台。

 高画質撮影が可能な総画素数212万画素(動画時:有効画素約123万画素、静止画時:約192万画素)のCCDを搭載するとともに、新開発の8cmドライブとディスクコーティング技術の進化によって生まれたカートリッジなしのベアディスクを採用することで、従来モデル比幅マイナス13mmのスリム化を図り、本体質量約490gのコンパクトサイズを実現した。

 また、8cmDVD-RAM/DVD-Rへの記録に対応し、とくにファイナライズやフォーマットが不要なDVD-RAMについては、同社DVDレコーダー「DIGA」などのDVD-RAM対応機器との高い互換性を確保。さらに、8cmDVD-RAMディスク記録時に利用できる高画質ワイドモードでは、ワイドテレビと同じ16:9の比率での記録が可能で、ワイド画面の撮影に対応した手ブレ補正機能も搭載する。

 このほかの特徴は、(1)DVD-RAMディスクを本体に装着した状態での起動時間を、従来モデルの約16秒から約6.5秒へ大幅に短縮、(2)VBR(Variable Bit Rate)記録に対応し、8cmDVD-RAM(両面使用時)に最大120分のMPEG2動画記録が可能、(3)USB2.0対応接続キットと、動画編集ソフトを同梱、(4)SDメモリーカードへの静止画記録に対応――など。