シックス・アパート(関 信浩社長)は、群馬インターネット(本社・群馬県高崎市、石田安利代表)など地域インターネットサービスプロバイダ(ISP)10社に、ウェブログ・サービス「TypePad」を提供すると発表した。同社がシステムを運用するASP型サービス「TypePad ASP日本語版」での提供となる。

 TypePad ASPを使ったウェブログ・サービス「風ログ」を提供する群馬インターネットの福田晃取締役は、「すでにニフティやNTTコミュニケーションズで稼働実績があるTypePadを、システム運用が不要なASP型で利用できるのが大きなメリット。少ない投資で無料ウェブログから上級者向け高機能ウェブログまでを一気にサービス提供できるため、幅広いユーザー層のニーズに対応できる」と説明している。

 「TypePad ASP日本語版」では、新たに無償ウェブログ・サービスを提供できるようになった。すでに日立製作所とビック東海がウェブログ・サービスを提供しており、今後はISPやコミュニティなどで無償ブログサービスの提供が可能となる。

 サービス提供に際し、ISP各社に技術コンサルティングを行ったイプリオ(本社・静岡県静岡市、石田卓也社長)は、3月からISPやケーブルテレビ、ホスティング事業者などのxSP向けに「TypePad ASP」の導入サービスなどを提供していく。

 なお、今回サービスを開始したISPは、インターネットクリエイティブ(IC-NET)、グッドコミュニケーションズ(SYNAPSE)、群馬インターネット(群馬インターネット)、コアラ(コアラ)、サンライズシステム(両毛インターネット)、シンメディア(府中インターネット)、ディーシーエヌ(DCN)、新潟インターネット(新潟インターネット)、有限会社ナックスカンパニー(ナックスネット)、ミテネインターネット(ミテネインターネット)。