ソニーマーケティングは、省電力設計によって長時間撮影を実現し、単3形アルカリ乾電池にも対応したデジタルカメラ スタミナ“サイバーショット”「DSC-W5」(有効510万画素)と「DSC-W7」(有効720万画素)の2機種を発売する。価格はともにオープンで、実勢価格は、「DSC-W5」(シルバー/ブラック、3月11日発売)が4万2000円前後、「DSC-W7」(シルバー、3月18日発売)が5万3000円前後の見込み。

 同社独自の画像処理システム“リアル・イメージング・プロセッサー”のさらなる省電力化によって、付属の単3形ニッケル水素充電池を使用した場合の撮影枚数が、「DSC-W7」では約380枚、「DSC-W5」では約420枚の長時間撮影を実現した。外出先でも入手しやすい単3形アルカリ乾電池にも対応している。

 また、撮影時・再生時の被写体確認やメニュー操作がしやすい2.5型の大画面液晶を採用したほか、「DSC-W7」は有効720万画素(「DSC-W5」は有効510万画素)の1/1.8型Super HAD CCD、カール ツァイス「バリオ・テッサー」レンズ、“リアル・イメージング・プロセッサー”の搭載によって、高精細で、高いコントラストと忠実な色再現での高画質記録を実現している。

 さらに、新たにカメラ本体に32MBのメモリを内蔵し、「メモリースティック」の容量が一杯になっても、内蔵メモリに記録できるようにした。