CAMEDIA X-550 オリンパスイメージング(小宮 弘社長)は、簡単操作と使いやすさに徹底的にこだわった初心者向け4.0メガピクセル/光学3倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA X-550」を3月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

 新製品は、「撮る」、「見る」、「消す」というデジタルカメラの基本操作をボタン一押しで呼び出せるようにしたシンプルな設計が特徴。「撮影ボタン」と「再生ボタン」は独立しているため、ボタン一押しで撮影/再生モードの切替えが可能。フラッシュ、マクロなどのよく使う機能は十字ボタンに配置し、ボタンひとつで呼び出すことができる。

 オート撮影や主なシーンプログラムモードなどの撮影モードは、モードダイヤルを回すだけで切り替えることができるほか、「削除ボタン」は独立しているため、押し間違えを防止できる。万が一誤って押した場合でも、すぐには画像が削除されないため、初心者でも安心して操作できるようになっている。

 また、「ヘルプ表示」機能の採用によって、各撮影モードや各機能の選択時に液晶モニタ上に簡単な説明文が表示され、デジタルカメラに不慣れな初心者でも多彩な撮影を楽しめるようにした。さらに、同社独自の画像処理エンジン「TruePic TURBO(トゥルーピックターボ)」と4.0メガピクセルCCD、光学3倍ズームレンズを搭載しており、高精細で美しい画像を撮影できる。

 このほかの特徴は、(1)ソフトな曲線を描くホールディング性に優れたコンパクトボディ、(2)16種類のシーンプログラムモードや長時間動画機能、(3)2cmまでの近接撮影が可能なスーパーマクロモードなどの撮影機能、(4)フレーム合成機能などの画像編集機能――など。