MCJ(本社・埼玉県、高島勇二社長)は、エディオン(久保允誉社長)のオリジナルコンセプトブランド「E-GG+(エッグプラス)」シリーズに、最新64ビット・コンピューティング対応CPU Intel Pentium4 Processor 630搭載ミニタワー型デスクトップPCの2モデルを、2月22日から供給する。

 ベースモデルとなる「CMEGP630FM」のスペックは、最新64ビット・コンピューティング対応CPU Intel Pentium4 Processor630/512MBメモリ/16倍DVDスーパーマルチドライブ/250GBHDD/Windows XP Home Edition SP2(OS)。

 「CMEGP630FMOPE」は、これにWindow XP Service Pack2/Microsoftはがきスタジオ/トレンドマイクロ・ウイルスバスター2004(90日期間限定版)/Microsoft Office Personal Edition 2003をプレインストールした。

 価格は、「CMEGP630FM」が10万9800円、「CMEGP630FMOPE」が12万9800円。