キヤノンは、コンパクトデジタルカメラの新製品として、「IXY DIGITAL 600」「同 55」と「PowerShot A520」「同 A510」の計4機種を3月上旬から順次販売開始する。

 「IXY DIGITAL 600」は、「IXY DIGITALシリーズ」の最上位モデル。デザイン面では、「400」(03年3月発売)から「500/450」(04年3月発売)まで続いたフォルムを約2年ぶりに一新した。連続した曲面で全体を構成する「Curvature Design(カーバチャーデザイン)」という手法によって、手に馴染みやすく滑らかなフォルムを実現し、シリーズのフラッグシップモデルにふさわしい極上の高級感を演出している。

 性能面では、シリーズ初の高精細7.1メガピクセルCCDを搭載した。プロ向けの最高級デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」にも搭載されている高性能映像エンジン「DIGIC II」によって、解像感やホワイトバランス精度の向上を図るとともにさらなる高画質化を実現。起動時間の短縮やAFの高速化を始め、液晶モニタの大型化(1.5 型から2.0型へ)など高機能化を図っている。このほか、被写体の特定色だけをカメラ内で変換/強調できる「マイカラー」機能を新たに搭載し、撮影の楽しみも拡大した。

 「IXY DIGITAL 55」は、「50」(04年10月発売)の優れた性能とデザインを踏襲し、高画質で快適な撮影が行えるシリーズの中核モデル。5.0メガピクセルCCDと高性能映像エンジン「DIGIC II」によって、高画質とクイックレスポンスを両立。新たに「マイカラー」機能を搭載したほか、(1)USB 2.0 Hi-Speed対応による高速転送、(2)動画撮影中のデジタルズーム、(3)ワンプッシュ操作で液晶モニタの明るさを最大にできる「LCD ブースター」機能、(4)暗いシーンで液晶モニタの画像を自動的に明るく表示する「ナイトビュー」機能――など、「600」と同様の優れた機能を豊富に搭載している。

 「PowerShot A520/A510」は、「A85」(04年9月発売)をフルモデルチェンジした「PowerShot Aシリーズ」の新世代スタンダードモデル。シリーズ初となる新開発の沈胴式光学4倍ズームレンズを搭載しつつ、(1)使用電池数の削減(単三形4本駆動から2本駆動へ)、(2)小型ライトガイドズームストロボの搭載、(3)記録媒体の変更(コンパクトフラッシュカードからSDメモリーカード/マルチメディアカードへ)――などによって、従来機種と比べて大幅な小型・軽量化を実現している。小型ながらもホールド性や操作性に優れたフォルムを採用するとともに、グリップ部とレンズ周辺部にカラーアクセントを施し、高級感と軽快感を兼ね備えたデザインに仕上げた。

 さらに、「スペシャルシーンモード」を含む20通りの撮影モードや、スレーブ式の外部ストロボ「ハイパワーフラッシュHF-DC1」を加えた豊富なシステムアクセサリーなど、撮影の楽しみを手軽に実感できる環境を提供する。なお、「A520」は4.0メガピクセル、「A510」は3.2メガピクセルCCDを採用している。