ソーテック(平沢 潔社長)は、スリムタイプの新型きょう体を採用した「PC STATION PJシリーズ」3機種8モデルを発売する。税込4万9800円の低価格モデルを始め、テレビチューナーや2層書込み対応DVDデュアルドライブを搭載して6万9800円のモデルなどを揃えた。同社Webダイレクトの受注開始は2月17日15時で、出荷は2月19日から。

 AMD Sempronプロセッサ2200+、256MBメモリ、コンビネーションドライブ、7種対応メモリーカードスロットを搭載する「PC STATION PJ710」モデルは、本体のみで税込5万円を切る同社最安価格のデスクトップパソコン。買ってすぐに楽しめるよう、DVD再生やCD書込みなどのソフトも搭載した。拡張性も高く、パソコンを始めたい入門者や、業務端末用に価格を安く抑えたいSOHOなどに適している。

 他モデルの価格は、「PJ710/L7JR 17型液晶セット」が7万9800円。低価格スリムタイプ スタンダードパソコンの2層書込み対応DVDデュアルドライブ搭載「PC STATION PJ730 本体のみ」が5万9800円、「PJ730/L7JR 17型液晶セット」が8万9800円。低価格スリムタイプ マルチメディアパソコンのテレビチューナー・2層書込み対応DVDデュアルドライブ搭載「PC STATION PJ750 本体のみ」が6万9800円、「PJ750/L7JR 17型液晶セット」が9万9800円、「PJ750B(Office搭載) 本体のみ」が8万9800円、「PJ750B/L7JR(Office搭載) 17型液晶セット」が11万9800円。