富士写真フイルム(古森重隆社長)は、有効画素数512万画素の「スーパーCCD ハニカムV HR」を搭載し、「モノコックフォルム」と命名したオリジナルデザインと薄型フルフラットボディが特徴の高感度デジタルカメラ「FinePix Z1」を、富士フイルムイメージング(田中康夫社長)から5月に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万5000円前後の見込み。

 「FinePix Z1」は、デジタルカメラ「FinePix」の新ラインアップ「Zシリーズ」の第1弾モデル。「強くて美しい」をテーマに、500万画素クラスではトップレベルとなる薄さ18.6mmを実現。小型化、軽量化を図るとともに、新開発の「スーパーCCD ハニカムV HR」と「リアルフォトエンジン」を搭載し、最高撮影感度ISO800という高感度撮影や、シャッタータイムラグ最短0.01秒、起動約0.6秒、撮影間隔最短約1.1秒という高速処理を可能にした。

 さらに、大画面2.5型の液晶モニタに、従来比(アクリル製)35倍のキズつきにくさを誇る強化ガラスを採用。キズを心配することなく気軽に持ち歩けるようにし、視野率100%を達成するなど、操作性も向上させた。

 このほかの特徴は、(1)デジタルズームと組み合わせることで最大約17.1倍のズーム撮影が可能な、新開発の「屈曲光学式3倍ズームレンズ」を装備、(2)高感度撮影がカメラまかせで簡単に楽しめる「ナチュラルフォトモード」や、手ブレや被写体ブレに強い「ブレ軽減プログラム」を搭載、(3)被写体に素早くピントを合わせる「クイックショットモード」を新たに搭載、(4)赤外線通信機能を搭載し、インスタックスデジタルモバイルプリンター「Pivi」が利用可能――など。

 カラーラインアップは、シルバー/ブラック/ブルー/レッドの4色を用意。また、別売アクセサリーとして、「FinePix Z1」専用ソフトケース「SC-FXZ1」(3465円)を同時発売する。ケースのカラーは、ブラック/ホワイトの2種類。