ペンタックス(浦野文男社長)は、超小型・軽量ボディにペンタックス独自のレンズ機構「スライディング・レンズ・システム」を採用した光学3倍ズームレンズ搭載、有効500万画素のコンパクトデジタルカメラ「ペンタックス オプティオS5n」を3月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円台後半となる見込み。カラーは、シルバーとブリリアントグレーの2色。

 新製品は、コンパクトデジタルカメラ「オプティオSシリーズ」のコンセプトである「アクセサリーのように身につけられるスタイリッシュで超コンパクトなボディ」はそのままに、見やすい2.0型大型液晶モニタの搭載や、高画質と長時間記録を両立する画像圧縮方式「MPEG-4」による動画撮影など、完成度を高めた。

 主な特徴は、(1)スタイリッシュな超コンパクトボディ、(2)オプティオSシリーズ最大となる2.0型大型TFT液晶モニタを搭載、視野率約100%、画素数約11万画素、(3)撮影時16種類、再生時は11種類を備えた液晶モニタに表示されるアイコンの一覧表示「モードパレット」を搭載、(4)3種類の機能を設定可能な「クイックボタン」を装備、(5)撮像素子は、高精細な画像が得られる総画素数525万画素の1/2.5型原色CCDを採用。レンズはクリアでコントラストの高いsmc PENTAXレンズを搭載、(6)カメラ本体で編集可能な動画撮影機能、(7)ダブル充電が可能な海外対応のバッテリー充電スタンドを採用――など。