コレガ(加藤彰社長)は、いつでもどこでもお気に入りの映像や音楽を7インチの大画面で視聴できるポータブルマルチメディアプレーヤー「CG-PMPPOD」を2月15日に発売する。価格はオープンで、コレガダイレクトショッピング価格が5万9800円。

 新製品は、7インチの大型液晶と20GBハードディスクとバッテリーを搭載し、動画や音楽、静止画を録画/再生できるB5サイズのポータブルプレーヤー。ビデオやDVDプレーヤからAVケーブルを接続することでパソコンを必要とせず、ダイレクトに内蔵のハードディスクに録画ができる。

 また、パソコンで編集したビデオ映像なども、USB接続によってパソコンの外付ハードディスク感覚でデータ転送を行い、簡単に持ち運び再生できる。さらに、コンポジット端子のTV出力機能を搭載して、内蔵ハードディスクに録画した映像をより大きなTVやプロジェクタで再生可能。

 機器の操作は、すべてアイコンによるダイヤルボタン操作で行える。液晶画面は、従来他社の3.5インチクラスの液晶ディスプレイ搭載製品と比べ、7インチの大型低温ポリシリコン液晶ディスプレイを採用。なめらかで高画質の映像を再生するようにした。

 このほかの特徴は、(1)コンポジット端子入力によるアナログAVデータのMP4形式リアルタイム録画、(2)内蔵マイクによる高音質デジタル音声録音機能(MP3形式)、(3)静止画像閲覧機能(JPEG、GIF、BMP形式)、(4)ステレオイヤホン付属、(5)ファイル管理ソフト「MManager」を付属――など。