シーエフ・カンパニー(但木 守社長)は、Bluetooth搭載携帯電話機に対応する韓国AM-Tech製「Mobile Pro Spectrum(モバイル プロ スペクトラム)」シリーズのモバイルプリンタ3機種「Mobile Pro Spectrum I」(JIS?対応磁気カードリーダ付き)、同(JIS I/II対応磁気カードリーダ付き)、同「III」(磁気カードリーダなし)を発売した。価格はすべてオープンで、実勢価格は「II」が7万円程度、「III」が4万2000円程度の見込み。

 Bluetoothインターフェイスを介して、auのBluetooth搭載携帯電話機(A5504T、W21T)のBREWアプリケーションを利用し、ワイヤレスで印刷が可能。携帯電話機のアプリケーション開発言語はBREWで、凝ったアプリケーションが作成でき、処理スピードも高速で業務アプリケーションに最適。

 Bluetooth搭載携帯電話とMobile Pro Spectrumの組み合わせで、ハンディターミナルやPDAに比べ、低価格のモバイル業務端末が実現。また、磁気カードリーダー付きの「Mobile Pro Spectrum II」を使えば、安価なモバイル決済端末になり、スキミングの危険性がないクレジットカード決済が可能になる。