ピーシーエー(PCA、大炊良晴社長)は、同社の主力製品である販売管理システム「PCA商魂」と、仕入在庫管理システム「PCA商管」の最新版として、「PCA商魂・商管8」シリーズ7製品を2月23日から順次発売する。

 「PCA商魂・商管8」シリーズは、30万社(50万システム)の導入実績をもつ前バージョンを全面リニューアルし、さらなる機能強化を図った中小企業向け業務パッケージソフト。データベース設計から見直し、より使いやすく、効率的な処理を行えるようにした。

 主な強化点・新機能は、(1)システムユーザーの共通化など、PCAソフト間のデータ連携機能を大幅に強化、(2)各種入力コードの文字数・ケタ数などの拡張、(3)税抜/税込切り替え機能などを新たに搭載し、消費税総額表示方式への対応を強化、(4)入力済伝票の修正、削除をできないようにする「伝票の更新ガード機能」、(5)請求漏れを防ぐため、本締め(締め切り)してから画面照会ができるように変更――など。

 また、スタンドアロン製品からブロードバンド対応ネットワーク製品まで、ニーズや企業規模に合わせて選べる幅広いラインアップを用意した。

 価格は、「PCA商魂8 シリーズ」の「システムA」が21万円、「システムB」が26万2500円、「PCA商魂8 ネットワーク」が37万8000円から、 「売上じまん8」が7万1400円。「PCA商管8 シリーズ」の「PCA商管8」が21万円、「PCA商管8 ネットワーク」が37万8000円から、 「仕入じまん8」が7万1400円。