シャープは、デジタルフルカラー複合機「リブルカラー」2機種3モデルを発売する。


 新製品は、モノクロもカラー原稿もページ順に必要部数を出力し、仕分けの手間が省ける「電子ソート機能」を標準装備。また、写真や印刷物など、原稿の種類を自動的に判別して最適な画質に調整する独自の原稿種別自動認識機能「マジカルビュー」を採用した。

 情報漏えいを未然に防止する「ドキュメントセキュリティ」が可能で、機密性の高い文書のデータ漏えいといったリスクに対し、ネットワーク環境で入り口を制限し、外部からの不正アクセスを防止する。さらに、「データセキュリティキット」によって、メモリ装置に蓄積されたデータを消去し、かつハードディスクドライブ装置に蓄積されるデータの暗号化を図ることで、高い安全性を確保した。

 「タンデムカラープロセスエンジン」によって、カラー:26枚/分(AR-C172FP:17枚/分)の高速・高生産性を実現している。

 価格は、「AR-C172FP」が136万5000円(2月15日発売)、「AR-C262S」が109万2000円(2月23日)、「AR-C262FP」が187万9500円(2月23日)。