東芝は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを搭載し、HDDにハイビジョン映像の録画が可能なHDD&DVDビデオレコーダーのフラッグシップモデル「RD-Z1」を3月中旬に発売する。価格はオープンで、市場推定価格は29万円前後の見込み。

 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵し、ハイビジョン映像をそのままの画質でHDDに録画(TSモード録画)できる。また、HDMI(High-Definition Multimedia Interface=非圧縮のデジタルオーディオ・ビデオのインターフェイス規格)出力を使えば、ハイビジョン映像をデジタルのまま、画質や音質を劣化させずに、HDMITM入力に対応したプロジェクタやハイビジョンテレビなどに出力可能。地上アナログ放送についても、HDDやDVDにMPEG2エンコード記録(VR/Videoモード録画)で対応。TSモード録画とVRモード録画は同時録画が可能。

 14bit/216MHzのビデオDAC(Digital Analog Converter)を搭載し、ハイビジョン映像処理能力に余裕をもたせているので、高画質で安定した再生が行える。また、振動を低減する高剛性シャーシや、高級AV機器で採用されている部品を多数使用するなど、徹底的にクオリティを追求した。

 600GBのHDDを搭載し、デジタルハイビジョン放送なら最大約55時間(TSモード、ハイビジョン約24Mbps計算時)、アナログ放送なら最大約1071時間(VR/Videoモード、画質レートMN1.0Mbps、音声モードM1時)の録画が可能。DVDマルチドライブはDVD-RAMが最高約5倍速、DVD-RWが最高約4倍速、DVD-Rが最高約8倍速の高速ダビングに対応する。