東芝は、スポーツ中継などの放送延長に対応した延長録画機能と、地上アナログ放送波とインターネットから番組情報を取得できる「WEPG」機能を搭載したVTR一体型HDD&DVDビデオレコーダー「RD-XV44」と「RD-XV34」の2機種を3月上旬から順次発売する。

 野球のナイター中継の延長で、録画したい番組の開始時刻や終了時刻が変更になりそうな場合や、連続ドラマの最終回などで録画したい番組の放送終了時刻が延長になる場合に、取得した電子番組表のデータを使って、終了時間を変更する延長録画機能に対応。地上アナログ放送波(ADAMS)の電子番組表を使って録画予約した場合のスポーツ延長は野球のナイターに限定されるが、インターネット経由の電子番組表を使用すれば、ほかの番組の放送延長にも対応する。

 地上アナログ放送のチューナーを2つ搭載し、HDDまたはDVDメディアとVTRの2つの媒体に、電子番組表「WEPG」を使って2番組同時録画をすることができる。「RD-XV44」は250GBのHDDを搭載し最大で約445時間、「RD-XV34」は同様に160GBで約284時間の録画が可能。

 ボディカラーは、「RD-XV44」がブラック、「RD-XV34」がシルバー。価格はオープンで、市場推定価格は「RD-XV44」が10万円前後、「RD-XV34」が8万5000円前後の見込み。