三洋電機は、デジタルカメラ「Xacti(ザクティ) Sシリーズ」の新製品として、1/2.5型510万画素CCDを搭載し、最大3680×2760ピクセル(約1000万画素相当)まで記録できる「DSC-S5」を2月15日に発売する。価格は3万6750円。

 「高画質」、「簡単・便利・安心」をコンセプトに開発。持ちやすく操作しやすいボディに高精細なCCDとオリンパス製光学2.8倍ズームレンズを搭載し、初心者から画質にこだわるユーザーまで幅広くターゲットにする。

 510万画素で撮影した画像を約2倍の画素数(3680×2760ピクセル・約1000万画素相当)にリアルタイムで変換して記録できる倍画素記録機能「ピクトライズ1000」を採用し、A3サイズまで引き伸ばしたり、一部分を拡大してプリントした時でも、美しく滑らかに出力できるようにした。

 このほか簡単・便利機能として、(1)ツーショット撮影に便利な「自分撮りミラー」機能、(2)履歴書などに利用できるミニサイズの写真を作成する「証明写真モード」や、人物の肌をきれいに撮影する「コスメモード」をなどの「シーンセレクトショット」機能、(3)最短2cmまで近づいて撮影できる「スーパーマクロ」機能――などを搭載する。

 電源はリチウム電池などの充電池のほか、入手しやすい単3形アルカリ乾電池にも対応。また、メモリカードなしでも撮影できる16MBのフラッシュメモリを内蔵する。当初の月産台数は1万台。