キヤノンは、多機能で省スペースなA4対応カラーレーザー複合機 「キヤノン Satera(サテラ)MF8170」を2月14日に発売する。価格は39万8000円(税別) 。

 一台でカラープリンタ/カラースキャナ/カラーコピー/ファクス機能を備えるカラー複合機で、スタイリッシュな小型ボディに多彩な機能を搭載し、SOHOや小規模事業所でも設置できる省スペース性と実用性を両立した。

 小型の高速カラーレーザーエンジンを採用し、プリント時・コピー時ともに、A4サイズでカラー毎分4枚、モノクロ毎分16枚の高速出力が可能。さらに、プリント時は最大9600dpi相当×600dpiの高画質出力が行える(コピー時は600dpi×600dpi)。

 このほかの特徴は、(1)最大30枚までの書類を連続して読み取れる自動原稿送り装置を装備、(2)A4サイズで毎分9枚の高速スキャン機能、(3)わかりやすいGUIで簡単にスキャン操作が行えるドライバソフト「MF Toolbox」を同梱、(4)33.6Kbpsモデムによる高速FAXが可能、(5)パソコンで作成したドキュメントをダイレクトにファクスできる「ペーパーレスFAX機能」を搭載――など。

 インターフェイスは、高速データ転送が可能なUSB2.0とEthernet(100Base-TX/10BaseT)を標準装備。LAN接続で、ネットワークプリンタとしても共有できるようにした。また、機器の各種設定などがパソコン上で操作できるリモートUIに対応する。