エー・アイ・ソフト(本社・長野県松本市、北沢 昇社長)は、つぶれやかすれに強い新エンジン搭載した日本語/英語活字OCRソフト「読んde!!ココ Ver.11」と、同製品にPDFドキュメント管理支援ツール(ファイリングソフト)「クセロ ePware Ver.2」をセットにした「読んde!!ココVer.11 ファイリングOCR Suite」を2月25日に発売する。

 「読んde!!ココ」は、スキャナなどを利用し、紙文書の文字をデジタル化するOCRソフト。パーソナルからビジネスまで幅広く活用されているが、今後はとくに企業内で、“情報”の検索や再利用といった効率的な運用を実現するツールとして需要拡大を見込んでいる。今回のバージョンアップでは、認識精度の向上と、ビジネス文書活用支援を目的に、性能強化、新機能追加などを行った。

 具体的な強化点・新機能は、(1)新アルゴリズムを採用し、つぶれやかすれの目立つ原稿での認識精度を大幅に向上した「インテリジェントOCRエンジン」を採用、(2)専門分野のドキュメント認識に威力を発揮する「31分野22万語の専門用語辞書」を搭載、(3)Word、Excel、一太郎、Acrobatなどのツールバーから直接OCR機能を利用できる「アドインOCR」機能を搭載、(4)グラフや図をPowerPointで再利用するための「プレゼン支援OCR機能」、画像化されたPDFファイルから文字情報を抜き出してテキスト化する「PDF OCR機能」を新たに搭載、(5)表組原稿の認識精度がさらに向上、(6)PFU製の連続給紙スキャナ「ScanSnap」に対応――など。なお、「Adobe Acrobat7.0(日本語版)」搭載のPaperCapture機能にも、新OCRエンジンが採用されている。

 「読んde!!ココ Ver.11 ファイリングOCR Suite」には、新たに「クセロ ePware Ver.2」に文書ファイルを直接PDFにコンバートする機能を搭載。紙文書とアプリケーションファイルのトータル管理を1つのパッケージで行えるようにした。

 価格は、CD-ROM版の「読んde!!ココ Ver.11」が1万9800円、ダウンロード版の「for DL」が1万2800円、「読んde!!ココ Ver.11 ファイリングOCR Suite」が2万2800円。CD-ROM版の「アップグレード版」が4900円、「アップグレード版 for DL」が3800円、「読んde!!ココ Ver.11 ファイリングOCR Suite アップグレード版」が9800円。発売を記念して、3月31日まで、PFU製のカラーイメージスキャナ「ScanSnap」が抽選で当たる「スキャナとことん活用キャンペーン」を実施する。