シャープは、業界で初めて番組タイトルなどを表示する液晶を搭載した、ハードディスク・DVD・VHSビデオ一体型レコーダー「DV-HRW55」(250GB)と「DV-HRW50」(160GB)を2月21日に発売する。価格はともにオープンで、市場想定価格は、「DV-HRW55」が10万円前後、「DV-HRW50」が8万5000円前後。

 新製品は、ハードディスクおよびDVDで録画中や視聴中に番組タイトルなどを本体液晶に表示する「タイトルウインドゥ」を採用。5種類のDVDディスクが再生可能な「スーパーマルチ再生」と、業界最速の「最大約65倍速高速ダビング」を実現して利便性を高めたほか、大容量のハードディスクを搭載することで、長時間録画にも対応した。

 さらに、BSアナログと2つの地上アナログチューナーを搭載しているため、2番組同時録画も可能。このほか、業界最速となる、ハードディスクからDVDへの「最大約65倍速高速ダビング」を実現(1時間番組を最短約55秒でダビング可能)している。

 同社では新製品を、手軽で快適なDVDライフが楽しめるレコーダーとして提案していく考え。