ボーダフォン(津田志郎社長)は、PDC方式(第二世代)に対応した地上アナログテレビチューナー搭載の携帯電話機として、シャープ製「V603SH」と東芝製「V603T」の2機種を2月中旬以降に発売する。

 両機種とも、視聴中のテレビ番組を保存できる「録画機能」や「キャプチャー機能」を搭載しており、好みの番組を何度でも楽しめるほか、EPG(電子番組表)にも対応し、見たい番組を簡単に検索することができる。さらに、テレビチューナーを利用してFMラジオを楽しむことも可能。

 各機種の特徴としては、「V603SH」は国内で初めて携帯電話本体の傾きや動きを感知できる「モーションコントロールセンサー」を搭載。1チップの姿勢制御センサーにより、本体を上下左右に傾けることでメニューを操作できる。また、あらかじめ登録した本体の動き(パターン)ごとに、よく利用する機能を瞬時に呼び出せる「ショートカット機能」を利用できるなど、従来の携帯電話にはない新しい操作性を実現した。

 さらに、センサーを活用した「Vアプリ」として、本体の傾き度合いで銃口の位置を変えられるガンシューティングゲームや、本体をゴルフクラブに見立ててスイングすることでボールを飛ばせるゴルフゲームなど、新感覚の体感ゲームも楽しむことができる。

 東芝製「V603T」は、本体を開いた状態から本体中心部サイドにあるロック解除ボタンを押しつつ、背面方向に360度回転させて折りたたむことでテレビが自動的に起動する新スタイル「TVビュースタイル」を採用した。