マイクロソフト(マイケル・ローディング社長)は、64ビット拡張テクノロジー(x64)に対応したWindows OS「Microsoft Windows Server 2003,Enterprise x64 Edition Release Candidate 1 日本語版」と、「Microsoft Windows XP Professional x64 Edition Release Candidate 1 日本語版」(Windows Server 2003 x64 RC [製品候補版] /Windows XP x64 RC [製品候補版] )の早期評価プログラムを1月27日から開始する。あわせて、Windows 64-bit開発者向けに「Windows 64-bit デベロッパーセンター」を開設した。

 今回の発表は、ソフトウェア開発者や企業のIT管理者を対象に早期テストの機会を提供し、フィードバックを収集するとともに、「Windows Server 2003 x64/Windows XP x64」に対応したアプリケーション開発やシステム展開に向けて準備することが目的。

 「Windows Server 2003 x64/Windows XP x64」は、32ビットおよび64ビットの両アプリケーションを同一システム上で高いパフォーマンスで実行できる新しいWindows OS。既存の32ビットアプリケーション資産を保護しつつ64ビットコンピューティングへのスムーズな移行を実現する。

 「x86」命令セットに64ビット拡張テクノロジーを加えたアーキテクチャをもつ「AMD Opteron」、「Athlon」、および「Intel Extended Memory 64 Technology(EM64T)」を備えた「Intel Xeon」、「Pentium」などの64ビット拡張プロセッサで使用することが可能。

 64ビット拡張プロセッサの「x86」命令セットによって、既存の32ビットアプリケーションの速度を落とすことなく実行できるほか、64ビット拡張テクノロジに対応した64ビットアプリケーションは64ビットモードで実行され、より多くの1クロック当たりのデータ処理を実現すると同時に、4GBを超える広大なメモリ空間を利用して、アプリケーションを高速に実行できる。

 早期評価プログラムは、「Windows XP x64」はオンラインサービス(無償)で、「Windows Server 2003 x64」については、オンラインサービス(無償)またはCD-ROM(1050円、送料・消費税込み)で提供する。