東芝は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「液晶 beautiful“face”」の新ラインアップとして「LC100シリーズ」4機種を追加し、3月下旬から順次発売する。

 「LC100シリーズ」のラインアップは、37V型の「37LC100」(4月下旬発売)、32V型の「32LC100」(3月下旬発売)、26V型の「26LC100」(3月上旬発売)、23V型の「23LC100」(3月上旬発売)。価格はすべてオープンで、実勢価格は、「37LC100」が50万円前後、「32LC100」が33万円前後、「26LC100」が28万円前後、「23LC100」が23万円前後となる見込み。

 4機種ともに、64bitCPUを内蔵した画像処理用デジタルLSI、リナックスOSなどを搭載した独自の映像処理システム「デジタル新頭脳メタブレイン」を採用。業界トップクラスの500cd/m2の高輝度、広視野角を実現する「ハイビジョン液晶パネル」とともに、デジタルハイビジョン放送ならではの高画質な映像出力を可能にした。さらに、デジタル放送特有のノイズを低減する「MPEGノイズリダクション」などの新機能を追加し、画像の再現性をより高めている。

 このほか、(1)省スペース設置でも設置できるアンダースピーカーシステムを採用、(2)デジタルカメラをダイレクトに接続できるUSB端子搭載、(3)簡単に操作できるユーザーインターフェイスと新スマートリモコンを採用、(4)ファンレス設計――などの特徴をもつ。

 同社は、今後も映像処理システム「デジタル新頭脳メタブレイン」を搭載した大画面薄型テレビのラインアップを強化していく方針。同時に、技術改良を進め、現在開発中のSED(表面伝導型電子放出素子ディスプレイ)テレビへの搭載も見込んでいる。