NEC(金杉明信社長)は、ビジネス向けデスクトップPC「Mateシリーズ」のコンパクトタワー型「MY28V/H-F」、「MY25X/H-F」の2機種の販売を1月20日から開始した。BTO対応で、出荷は1月27日から。

 スリムタワー型(同社製品/スタンダードタイプ)に比べ横幅を25%縮小し、66mmの薄型きょう体を実現した。また、薄型スタビライザ(標準添付)の採用で、縦置きの時はPC本体に近接する形で本や書類を置くことができ、限られた机上空間を効率よく活用できる。レガシー装備(FDドライブ、シリアル/パラレルポート)の搭載有無を選択できるため、既存システムとの連携も容易。

 レガシー装備非搭載(BTO選択)ならば、LAN経由以外のデータアクセスを不可能にできる。さらに、BIOS設定で外部機器接続用のUSBポートを使用不可にしてセキュリティを強化。Execute Disable Bit機能により、メモリ上のデータ領域のワームやウイルスの活動を防止する。

 「MY28V/H-F」は、ハイパー・スレッディング・テクノロジ対応の「インテル Pentium 4プロセッサ 520J」を搭載することで、マルチタスク処理速度が向上。また、同容量メモリを2枚選択搭載すれば、デュアルチャネルの高速メモリアクセスが実現する。

 代表的なセレクション例の価格(税別)は、「MY28V/H-Fベース」で10万5000円(アプリケーション/ディスプレイなし)で、高機能化を図る一方、価格はスリムタワー型と同程度に設定した。省スペースが求められるオフィス環境での大量導入に対応している。