日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ(立花和弘グループ長&CEO)は、軽量・薄型かつ使いやすさを追求した高輝度液晶プロジェクタ「CP-X345J」を11月初旬に発売する。価格は29万8200円。


 新製品は、0.7型の高開口率透過型液晶パネルを使用し、高出力165Wランプの採用と光学レンズの最適化によって2000ルーメンの高輝度化を実現。質量2.5kg、薄さ66mmのコンパクトな設計で、ビジネスの現場から教育用途まで幅広いシーンでの利用が可能。

 調整メニューは「簡単メニュー」と「詳細メニュー」の2種類を用意し、使用頻度の高い基本調整項目の設定などは「簡単メニュー」で、より細かな設定が必要な調整項目については「詳細メニュー」で設定できる。だれでも簡単に操作・設定が行えるよう使い勝手の向上を図った。

 このほかの特徴は、(1)教室や会議室といった限られたスペースで効果を発揮する短焦点レンズを採用、1.8mからでも60インチの大画面表示が可能、(2)パソコン入力としてRGB入力を2系統、ビデオ入力を3系統装備。複数のパソコンやDVDプレーヤーなどを同時にダイレクト接続でき、入力切替がリモコンで行えるため、配線の入れ替え作業などが不要、(3)プログレッシブ回路搭載、(4)別売のUSBケーブルを接続することで、画面のページ送りやマウス操作などをリモコンで簡単に操作可能、(5)スライド式レンズカバーを採用――など。