日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ(立花和弘グループ長&CEO)は、地上・BS・110度CSデジタルチューナーと、大容量HDDおよびDVDマルチドライブを搭載したハイビジョンHDD/DVDレコーダー「ハイ録Wooo(ウー)」シリーズの新モデルとして、160GB HDDを搭載した「DV-DH160T」を11月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は13万円前後。
 同社では、「ハイ録Woo」シリーズとして「DV-DH400T」(400GB HDD)と「DV-DH250T」(250GB HDD)を10月中旬から販売しているが、さらにより多くのユーザーにデジタル放送の視聴、録画生活を楽しんでもらうエントリーモデルとして、今回、160GB HDD搭載の「DV-DH160T」を投入した。

 前2モデル同様、信頼性に優れた日立GSTのHDDと、5倍速DVD-RAM、4倍速DVD-RW、8倍速DVD-Rの録画・再生、および+RW、+Rの再生にも対応した日立エルジーデータストレージのDVDマルチドライブを搭載している。

 また、業界に先駆けてTSXモードを搭載し、ハイビジョン映像を世界最高速の約5倍の速度でDVD-RAMにムーブ(移動)することができる。なお、DVD-RAM使用時は最大約30倍、DVD-RWは最大約24倍、DVD-Rは最大約40倍で、HDDからDVDへのダビング、ムーブ(移動)が可能。

 さらに、予約システムとして、EPG(電子番組表)に加え、独自の「ミルカモ予約」機能を採用した。これによって、カレンダーを見ながら1週間分の予約と再生時の検索を簡単に行うことができる。