ソースネクスト(松田憲幸社長)は、ホームページ制作ソフトの「ホームページ・ビルダーV9」(通常版1万3800円)を11月19日に発売する。バリアフリーに対応したホームページづくりが可能で、開発元の日本IBMによればバリアフリーに対応したホームページ制作ソフトは「業界で初めて」(日本IBM・山下晶夫ソフトウェア事業ウェブスフィア事業部長)という。

 バリアフリー対応では、視覚障害者が音声ブラウザでホームページを利用した時の聞こえ方や、高齢者や弱視、色覚障害者がホームページを閲覧した際の見え方を確認でき、発見した問題点を修正できる。これらのバリアフリー技術は日本IBMの研究機関であるIBM東京基礎研究所が開発した。

 販売元を担当するソースネクストでは、全国のパソコン専門店・家電量販店といった既存の販売チャネルだけでなく、「書店やスーパーなど新規の販売チャネルをフルに活用する」(松田社長)ことで、前作の「ホームページ・ビルダーV8」に比べて、6割増の累計30万本の販売を目指す。