セイコーエプソン(草間三郎社長)は、大画面2.5型の高精細液晶ディスプレイを搭載したデジタルカメラ「Photo Fine Digital L-500V」をエプソン販売(真道昌良社長)を通じて10月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円台前半となる見込み。今後1年間に4万台の販売を予定している。

  新製品は、大画面2.5型の世界最高水準の高精細・高画質を実現する透過型低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイ「Photo Fine」を搭載。高精細な液晶表示により高画質な画像を鑑賞することが可能で、パソコンやプリンタとは違った撮影画像鑑賞の自由と楽しさをデジタル写真に提供する。

 この液晶ディスプレイによって、これまでフレーミングや設定操作、撮影結果のプレビューに使われていた液晶画面を、鑑賞に耐えうるクオリティで使用できるようになり、撮った写真を大勢で観て楽しむことができる。また、各種機能選択や文字表示も高精細に描画し、視認性の高いクリアなユーザーインターフェイスを提供する。

 このほかの特徴は、(1)有効画素数500万画素のCCDと6群7枚の光学3倍ズームレンズを搭載、(2)高速画像処理エンジンによって、メモリカードが一杯になるまでVGAサイズ30コマの動画撮影と約3コマ/秒の連写が可能、(3)「オールフォト・カラリオ」シリーズ、「カラリオ・ダイレクト」シリーズとUSBケーブルで接続するだけでプリントが可能な「USB DIRECT-PRINT」に対応、(4)「P.I.F.ボタン」、「プリントボタン」を独立で装備し、装飾フレーム撮影とダイレクトプリント可能――など。