エプソン販売(真道昌良社長)は、フォト複合機の新シリーズ「オールフォト・カラリオ」のイメージキャラクターとして、昨年からの松浦亜弥さんに加え、新たに「モーニング娘。」を起用することを発表した。年末商戦に向け、テレビCMを始め、新聞・雑誌などでプロモーション活動を大々的に展開していく。

 イメージキャラクター発表会の席で真道社長は、「昨年、松浦亜弥さんをキャラクターに起用したCMの反響は大きく、当社の複合機は大ヒット商品となった。今年の新製品『オールフォト・カラリオ』は、写真プリントに求められるすべての機能を備えているのが特徴で、新たにモーニング娘。の12人を加えることによって、わかりやすく各種機能を伝え、複合機のさらなる拡販を目指す」と語った。

 また、「写真プリントのニーズは、世代や性別を問わず多くのユーザーに広がっている。老若男女まで幅広い層に人気のある松浦亜弥さんとモーニング娘。は、そうしたニーズにマッチするキャラクターで、『オールフォト・カラリオ』を多くの人に愛される商品にしていきたい。当社は今回、複合機を始め、インクジェットプリンタ、スキャナ、デジカメなど13モデルの新製品を発表したが、奇しくもイメージキャラクターも総勢13人となり、年末商戦向けて強力なプロモーションを展開していく」と意欲を見せた。

 13人が登場する新CMは、10月1日から全国一斉に放映を開始する。第一弾の「大使集合」篇では、松浦亜弥さんが「オールフォト大使」となり、写真に求められる機能をひとつにするよう呼びかける。モーニング娘。の12人は、「オールフォト・カラリオ」の各機能を担った大使に扮し、「オールフォト大使」の呼びかけに応じて、それぞれの機能を説明。「オールフォト・カラリオ」のキャッチコピーである“超一体”を強くアピールする。


 モーニング娘。の各メンバーが扮する大使は、飯田圭織「デジカメフォト大使」、矢口真里「ケータイフォト大使」、石川梨華「フォトコピー大使」、吉澤ひとみ「フィルムダイレクト大使」、藤本美貴「美プリント大使」、道重さゆみ「美スキャン大使」、高橋 愛「色アセナイ大使」、田中れいな「ファイン液晶大使」、新垣里沙「カンタン操作大使」、紺野あさ美「マルチプリント大使」、亀井絵里「スタイリッシュ大使」、小川麻琴「退色フクゲン大使」。