オリンパス(菊川 剛社長)は、小型のメタルボディに斬新なデザインを施し、生活防水機能を搭載した4.0メガピクセル/光学2倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL(ミューミニデジタル)」を10月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万8000円前後となる見込み。

 新製品は、「μ DIGITALシリーズ」の特徴である「生活防水機能」に加え、オリジナリティを追求したデザインを採用。より小型のスタイリッシュなボディに各種機能を凝縮した「μ DIGITALシリーズ」の次世代モデルとなる。

 レンズバリア部の凹凸を完全になくした新開発の「トップシェルバリア」のほか、特殊な外装加工および表面加工によって、曲面加工の難しい金属外装を採用しつつ、やわらかい曲面と、しっとりとした感触の斬新なデザインを実現。水の一瞬の姿である「しずく」をデザイン化することで、“一瞬を撮影する”というカメラ本来の価値や、進化しつづける「μDIGITAL」の躍動感などを表現している。

 ボディカラーには、6色のカラーバリエーションを用意し、ユーザーの好みに合わせた選択ができるようにした。画質面では、独自の画像処理エンジン「TruePic TURBO」および非球面レンズ3枚を含む新開発のズームレンズの搭載、多点AF機能の採用などによって、さらに高画質な撮影が可能となった。

 このほかの特徴は、(1)液晶モニタに1.8型と大型で、かつ視野角が広く高精細な「ハイパークリスタル液晶」を搭載、(2)撮影シーンに適した画像を簡単に撮影できる14種類のシーンプログラムモードを搭載、(3)「フィッシュアイ」、「ソフトフォーカス」などカメラ上で簡単に操作できる静止画編集機能を搭載――など。

 なお、カラーバリエーションの6色は、ジュエリーシルバー/ピュアホワイト/コスミックブラック/クリスタルブルー/ベルベットレッド/カッパーオレンジ。