ペンタックス(浦野文男社長)は、光学10倍ズーム搭載の400万画素デジタルカメラ「ペンタックス オプティオMX4」(10月中旬)と、光学5倍ズーム搭載の500万画素デジタルカメラ「ペンタックス オプティオSV」(10月下旬)を発売する。価格はともにオープンで、実勢価格は「オプティオMX4」が6万円台後半、「オプティオSV」が5万円台後半の見込み。

 「オプティオMX4」は、“運動会やスポーツ観戦など、被写体に近づくことが難しい時に便利な高倍率のズームレンズを備えたデジタルカメラを”というニーズに応えて企画した製品。35mmフィルム換算で37?370mmに相当する光学10倍ズームレンズを搭載し、迫力のある望遠撮影が可能。また、撮影レンズは8群12枚構成で、非球面レンズ、特殊低分散ガラスレンズを使用して諸収差を徹底的に補正。有効400万画素の実力を引き出した高画質を実現した。

 このほかの特徴は、(1)記録画素数640×480ピクセル、フレームレート30フレーム/秒(fps)の、テレビに迫る高画質でなめらかな動画を撮影可能、(2)撮影した画像を直接記録媒体に書き込んでいくストリーミング撮影に対応、(3)ガングリップタイプのデザインでぶれにくく、長時間の撮影でも疲れにくい、(4)コンパクトなボディ、(5)見やすい微反射型LCDを採用したフレキシブルモニタ搭載、(6)さまざまな撮影モードを搭載――など。

 一方、「オプティオSV」は、同社独自のレンズ機構「スライディング・レンズ・システム」を使った光学5倍ズームレンズを新たに採用。これによってボディの厚みを抑え、さらに部品を隙間なく効率的に配置することで、高倍率ズームでありながら小型軽量化を実現している。基本開発理念である“携帯しやすく”、“使いやすい”を追求し、だれでも気軽に高倍率・高画質の撮影を楽しめるようにした。

 「スライディング・レンズ・システム」は、レンズ収納時に中央のレンズ群を光軸上から外して鏡筒にレンズを2段に収納することでレンズの全長を短くし、カメラ本体の薄型化を可能にする独自のレンズ機構。「オプティオSV」では、このレンズシステムを進化させ、光学ズーム倍率を5倍に高めた新開発のレンズを搭載している。高倍率ズームながら、ボディの厚みはわずか28mmという超薄型サイズを実現した。

 このほかの特徴は、(1)撮像素子は、高精細な画像が得られる総画素数536万画素の1/2.5型原色CCDを採用、レンズはクリアでコントラストの高いsmc PENTAXレンズを搭載、(2)光学5倍ズーム搭載で、望遠から近接まで幅広い撮影に対応、(3)わかりやすい撮影モード選択、(4)高品位なアルミ合金製ボディ、(5)撮影者の使い方にあわせた機能設定、(6)1.8型の大きく見やすい液晶モニタ――など。