• ホーム
  • トレンド
  • 空に裂け目があるのはアルバニア!? 話題のゲーム「ジオゲッサー」が面白すぎる!

空に裂け目があるのはアルバニア!? 話題のゲーム「ジオゲッサー」が面白すぎる!

時事ネタ

2023/10/31 17:30

【最近気になる注目ワード・1】 巷で話題になっている、グーグルマップを利用したゲーム「GeoGuessr」(ジオゲッサー)をご存知だろうか。ゲームをプレイするのも面白いが実況界隈でも人気になっており、地理や文化の勉強にもなるという。どのようなゲームなのか、詳しく紹介していこう。

強者はグーグルカーの仕様で国を当てられる
(画像はイメージ)

「GeoGuessr」は配信界隈でも人気のゲーム

 ランダムにグーグルマップ上へ落とされ、周りの風景や標識などを頼りに場所を当てるゲーム「ジオゲッサー」。実際に落とされた地点と推測地点の距離が近いほどポイントが高く、時間制限のあるタイムアタック制が基本だ。ジオゲッサーはグローバルなゲームで、日本でも「RTA in JAPAN」というゲーム大会で採用されている。

 ゲームをプレイするのももちろん楽しいのだが、達人の実況配信を見るのもかなり面白い。何より驚愕するのはプレイヤー(走者という)の尋常ではない知識量だ。たとえば「ケニアのグーグルカーは基本的にシュノーケル付きだが、たまにシュノーケルなしのレアタイプがある」、「空の裂け目があるのはグーグルカーの故障。だとするとアルバニアかモンテネグロ、セネガルあたり」などなど。また太陽の角度や生えている草を見ただけで場所を言い当てる強者走者もいる。

 RTA in JAPANの大会では「皆さんお馴染みのブラジルの電柱ですね」という発言に会場では拍手が起こった。そしてネット上には「ブラジルの電柱がお馴染みってどういうこと?」「え? ブラジルの電柱ってお馴染みなの?」とまさかの言葉のチョイスに動揺する声も多くあがったようだ。

 達人走者の配信実況は自身がゲームする上でもかなり役立つ。日本国内なら「ファミマの看板には支店名が書いてある」、「雪国は雪が積もらないように信号機が縦型設置」など、普段見逃しがちなヒントを得ることができる。

 海外であれば「センターラインが黄色はアメリカ大陸」といった知識や、「テレビのアンテナの向きで大体の国の位置がわかる」などの情報も手に入れられる。ジオゲッサーで遊ぶだけで世界各国の地理や文化に詳しくなれそうだ。無料アカウントを作って誰でも気軽に楽しめるこちらのゲーム、一度トライしてみてはいかがだろうか。(フリーライター・井原亘)

「GeoGuessr」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード
・ピアストリ
・主演舞台
・初恋の日
・シオンタウンのアレンジ

■Profile
井原亘

PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている