• ホーム
  • トレンド
  • 「三井ショッピングパーク ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真」テナント発表、4月17日オープン

「三井ショッピングパーク ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真」テナント発表、4月17日オープン

販売戦略

2023/02/11 18:00

 三井不動産は4月17日に、大阪府門真市に「三井ショッピングパーク ららぽーと門真」「三井アウトレットパーク 大阪門真(MOP 大阪門真)」をグランドオープンする。施設コンセプトは「便利も、特別も、ワクワクも、ぜんぶ。」。同社初の「ららぽーと」と「三井アウトレットパーク」の2業態複合型商業施設で、1階と3階は「ららぽーと門真」、2階は「MOP 大阪門真」となる。

「三井ショッピングパーク ららぽーと門真/三井アウトレットパーク 大阪門真」の外観イメージ

 総店舗数は、ららぽーと門真153、MOP 大阪門真98の合計251店舗。屋上広場「空の広場」、エントランス広場「くすのき広場」、センターコートといった、さまざまな広場のほか、ベビーやキッズのための遊びの場「キッズプレイゾーン」なども用意する。
 
屋上に開設する「空の広場」(上)と、エントランス広場「くすのき広場」のイメージ

 「ららぽーと門真」には、大阪初出店となる19店舗、新業態11店舗が出店し、1階に「TOHOシネマズ」初となるドルビーシネマを備えたシネコン(映画館)「TOHOシネマズ ららぽーと門真」(9スクリーン)もオープンする。また、1階と3階をあわせて、黒門市場、スーパーマーケット、レストラン、カフェ、ファストフード、フードコートで構成する食の一大ゾーンを展開する。
 
三井ショッピングパーク ららぽーと門真(1階・3階)のフロア構成

 「MOP 大阪門真」には、MOP大阪鶴見(23年3月12日閉館予定)から移転拡張する店舗に加え、日本アウトレット初出店となる4店舗、関西エリアアウトレット初出店となる17店舗はじめ58店舗が新規出店する。また、ラルフズ コーヒーやgelato pique cafeといった人気ブランドのカフェも同じフロアに並ぶ。
 
「三井アウトレットパーク 大阪門真」のフロア構成

 ららぽーとの主な出店テナントは、アウトドアの総合ブランド「LOGOS」の新業態となるカフェ「LOGOS CAFE & HIROBA」(4階/屋上広場)、スーパー「ライフ セントラルスクエア」(1階)、「ウルトラアスレチック」「すみっコぐらしあそびスタジオ」(3階)など。家電量販店「ヤマダデンキ」とNTTドコモ・auソフトバンク楽天モバイルの4キャリアのショップも勢ぞろいする。
 
「TOHOシネマズ ららぽーと門真」

 所在地は大阪府門真市松生町1番11号。アクセスは京阪本線・大阪モノレール線「門真市」駅徒歩約8分、近畿自動車道「門真」IC 約0.5km。駐車台数は約4300台(チケットレス駐車場システム採用)。施設開業後も、パナソニック工場跡地を活用した4つの街区で構成する大規模複合街づくり型開発は継続し、小売街区(C街区)には23年夏に「コストコホールセール 門真倉庫店」が開業予定。
 
4つの街区のA街区に位置する

 公共交通機関を利用した来訪をうながすため、今回、新たなバス路線を新設する(認可申請中)。さらに29年には、歩行者デッキで施設2階の「MOP 大阪門真」のフロアと直接接続する大阪モノレール新駅の開業計画が進められている。
ギャラリーページ