• ホーム
  • トレンド
  • 「デジタルツイン渋谷」始動、実証実験を経て2023年の商用化を目指す

「デジタルツイン渋谷」始動、実証実験を経て2023年の商用化を目指す

販売戦略

2022/10/28 19:00

 KDDIは10月27日に、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会を中心とした「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とともに、渋谷区内のさまざまな情報をデジタル空間上に再現し、分析や予測などを行うことでスマートなまちづくりを進める「バーチャル渋谷」を、リアル空間とバーチャル空間が連動したプラットフォーム「デジタルツイン渋谷」として拡張することを発表した。

「デジタルツイン渋谷」のイメージ

 「デジタルツイン渋谷」では、リアル空間の環境をバーチャル空間上に再現するデジタルツインに、渋谷スクランブル交差点エリア、センター街エリアなど現実の渋谷から収集した写真データなどをデジタル化し、位置情報やARを連動させることでリアルとバーチャル空間の参加者がお互いに見えて、空間を共有しながら会話できる、空間を超えたコミュニケーションを実現していく。
 
アパレル店舗におけるデジタルツイン実証実験のイメージ

 「デジタルツイン渋谷」の第1弾としては、アパレル店舗における店員と来店客の接客、飲食店における来店客同士のコミュニケーションを想定し、実在する店舗とバーチャル空間内に再現された店舗において、空間を飛び越えた交流や接客を可能にする実証実験を行う。

 アパレル店舗では、実店舗とバーチャル店舗を一体化し、実店舗で工夫されている内装や照明といった雰囲気、買い物導線、陳列やポップといった販促物をそのまま再現して、来店客に体感してもらう。来店客は、店員に直接商品について質問できるほか、空間全体が共有されるので、近づいたり指差したりといったジェスチャーだけで、気になる商品を自然に伝えられる。

 飲食店(バー)では、遠隔地からバーチャル空間のバーに入店して、現地の来店客と互いに会話することが可能になる。

 

オススメの記事