• ホーム
  • トレンド
  • ヨドバシカメラ マルチメディア横浜に、らーめん専門店「鴨そば さわ田」オープン

ヨドバシカメラ マルチメディア横浜に、らーめん専門店「鴨そば さわ田」オープン

グルメ

2022/10/06 18:30

 ファイブグループの関連会社である「牛かつ もと村」は10月5日、ヨドバシカメラ マルチメディア横浜内に、らーめん専門店「鴨そば さわ田」をオープンした。

ヨドバシ横浜に、らーめん専門店「鴨そば さわ田」がオープン
 

「らーめん」に合うミニ丼を3種類を用意

 「鴨そば さわ田」は、2021年に東京・吉祥寺でオープンした「らぁ麺 さわ田」の系列店にあたり、同店と同じ高級食材を贅沢に使ったスープで、清流のように澄んだ味わいと旨味を届ける。

 また今回の新店では「らーめん」に合うミニ丼を3種類用意。日本ならではの味わいにこだわった極上スープとミニ丼の新感覚ペアリングを楽しむことができる。
極上スープとミニ丼を一緒に楽しめる

 「鴨そば さわ田」では、厳選した食材だけを使い、安心して食べられる「らーめん」を用意している。鳥取県の銘柄鶏「大山どり」や出汁の定番「炭火焼の鯵煮干し」、豊臣の時代から愛される「鴨」といった食材を使った、日本ならではの味わい。365日食べたいと思えるような安らぎを備え、五感で楽しめる。そんな一杯で、ワンランク上の日常食を目指す。
「らーめん」に合うミニ丼を3種類用意

 同店の「らーめん」は、「らぁ麺 さわ田」で人気のメニューを、さらに一歩先へ進めた仕上がりに。盛り付けからトッピングやサイドメニューまでを一新した。「らーめん」そのものの美味しさはもちろん、新たに登場する「ミニ丼」とのペアリングにより、さらに奥深い味覚体験を楽しむことができる。

 「ミニ丼」には、鴨だしの清鶏湯と、炭火焼の鯵煮干しのスープにマッチした海鮮系のミニ丼ぶりを用意。らーめんスープと一緒に食べることで、濃厚なスープの旨味がご飯や具材と絡み合い、新たな味の魅力が生まれる。
 

オススメの記事