• ホーム
  • トレンド
  • 「都市公園数」1位の東京都の公園を有効活用 下北沢のカフェが「アウトドアコーヒー」体験を推進

「都市公園数」1位の東京都の公園を有効活用 下北沢のカフェが「アウトドアコーヒー」体験を推進

グルメ

2022/09/28 07:00

 ハリオ商事は10月16日から、アウトドアコーヒーギア「Zebrang-ゼブラン-」が、パリのスペシャルティコーヒー専門店「ベルヴィル ブリュルリー トウキョウ(Belleville Brulerie TOKYO)」(東京・下北沢)とコラボレーションして、同カフェにてコーヒー器具「Zebrang」をレンタルし、外でドリップを楽しめるメニュー「Coffee Outside」の提供を開始する。

「Zebrang」と「ベルヴィル ブリュルリー トウキョウ」がアウトドアコーヒーを提案

キャンプや登山だけがアウトドアじゃない

 「Coffee Outside」は、“公園や外でコーヒーを楽しむ”をコンテンツにした企画。アウトドアや非日常のリフレッシュをより身近にすべく、キャンプや登山などではなくても、公園や外で気軽にできるアウトドアコーヒーの楽しみ方を提案していく。

 実際に東京都は47都道府県を対象とする「都市公園数」で最多1位の公園数を誇っており、提案により身近にある公園を有効活用していく。
 
COFFEE OUTSIDE Belleville Brulerie TOKYO

 提供メニューは「COFFEE OUTSIDE Belleville Brulerie TOKYO」で、「Zebrang」一式レンタル(V60フラットドリッパー/マグ/計量ドリップポット/コーヒーキャニスター50G)と、コーヒー粉がセットになっており、価格は1000円。
 
利用イメージ

 さらに「Coffee Outside」コラボを記念して、10月16日16~17時に、コーヒーワークショップ「【Coffee Outside】アウトドアで楽しむコーヒーの淹れ方」を開催する。同ワークショップでは、アウトドアコーヒーをより身近に感じてもらうためのコーヒーの淹れ方や楽しみ方を提案する。定員は6人で参加費は2200円。なお、参加者にはコーヒー粉30gがプレゼントされる。

オススメの記事