• ホーム
  • トレンド
  • 焼肉をワンランク格上げ、老舗肉屋と醤油屋が開発した秘伝のタレがMakuakeで先行予約販売

焼肉をワンランク格上げ、老舗肉屋と醤油屋が開発した秘伝のタレがMakuakeで先行予約販売

グルメ

2022/09/21 19:00

 食肉卸業のコバヤシと醤油メーカーの大醤は、今まで培ってきた肉の知識と醤油作りの知識により、肉のポテンシャルを格上げする焼肉の秘伝タレ「七代目こばやし」を開発した。クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」で、9月20日から先行予約販売を開始している。


 七代目こばやしは、うま味調味料を使わず醤油・にんにく・鰹・昆布など、自然由来のうま味をふんだんに使用。肉はもちろん、海鮮や野菜にも合うほか、タレだけでもうまい。
 
「七代目こばやし」でおうち焼肉

 原材料の醤油は「大阪産(もん)名品」認定醤油の「新生醤油」を使用。七代目こばやし自体も大阪産(もん)名品に認定されている。大阪産(もん)名品とは、大阪を代表する土産物で製造開始から50年以上が経過している加工食品もしくは準じる商品。

オススメの記事