• ホーム
  • トレンド
  • 「桃太郎電鉄 教育版」、2023年から学校教育機関に無償提供

「桃太郎電鉄 教育版」、2023年から学校教育機関に無償提供

 コナミデジタルエンタテインメントは2023年に、「桃太郎電鉄」を教育分野で活用する取り組みとして制作した、ブラウザ版「桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~」の学校教育機関への無償提供を開始する。

学校教育で活用できる「桃太郎電鉄」が2023年から提供開始

 「桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~」は、ウェブブラウザやタブレット端末でプレイ可能であり、より多くの教育機関で導入できるよう、無償提供を予定している。
 
授業時間や内容にあわせて、「日本全国」以外の地方も選択できる

 通常の「日本全国」に加えて、授業のカリキュラムに合わせて「北海道」から「九州・沖縄」まで七つの地域が選択可能で、一般的な授業時間で完了できる短い期間の設定や、対象地域を絞った学習にも対応する。
 
マップ上ではその地域にある実際の建物や特産品、観光地、史跡などの情報が表示される

 駅に止まると、その駅や都道府県の基本情報が表示され、マップ上の建物や食べ物などのアイコンに虫メガネを合わせると、実際の建物や特産品、観光地、史跡などの情報が表示される。

 なお、教育現場での活用を想定しているため、誰かを指定して攻撃カードを使用する機能をなくすなど、子ども同士のトラブルに発展する可能性のある要素を排除したほか、相手のプレーを妨害する「貧乏神」を搭載しないなど、過度に持ち金(資金)が変動しすぎないよう調整されている。

 制作にあたっては、「Global Teacher Prize 2019 Top10」に選ばれた小学校教諭である正頭英和氏が監修に協力した。

オススメの記事