• ホーム
  • トレンド
  • ローソンでレジカウンターに「耳マーク」を表示、聴覚障がい者の買物をサポート

ローソンでレジカウンターに「耳マーク」を表示、聴覚障がい者の買物をサポート

暮らし

2022/08/30 09:00

 ローソンは8月30日から、全国の「ローソン」店舗(「ローソンストア100」は除く)にて、聴覚に障がいのある人の買い物をサポートする「耳マーク」を表示した指差しシートを、レジカウンターに設置する。

店舗入口ドアへの「耳マーク」掲出イメージ(左)と、
レジカウンターへの指差しシートの設置イメージ

 今回の取り組みでは、ローソン店舗のすべてのレジカウンター上に、レジ袋、カトラリー(割り箸、フォーク、スプーン)、レンジでの温め希望の有無を、指差しで確認可能な指差しシートを貼り付ける。
 
レジカウンター上に貼り付けられる指差しシートのイメージ

 新型コロナ禍でマスクの着用が日常的となり、聴覚障がい者が店員の口元の動きを確認できなくなり、買い物時の店員とのコミュニケーションに悩まれていることから、指差しシートによって買い物時のコミュニケーションをサポートする。

 「耳マーク」は、全日本難聴者・中途失聴者団体連合会が保有するマークで、聞こえが不自由なことを表すとともに、聞こえない人、聞こえにくい人への配慮を表している。

オススメの記事