• ホーム
  • トレンド
  • 「楽天キャッシュに楽天カードからチャージ×楽天ペイ」で+0.5%お得に! 「楽天キャッシュ」を利用しよう

「楽天キャッシュに楽天カードからチャージ×楽天ペイ」で+0.5%お得に! 「楽天キャッシュ」を利用しよう

 楽天グループのオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」は、2022年7月25日からセブン銀行ATMで、iOS/Android向けアプリ「楽天ペイ」を利用して現金からのチャージが可能になった。セブン銀行ATMでの現金チャージは、au PAYd払いPayPayなど他のスマートフォン(スマホ)決済サービスも提供しているスタンダードなチャージ手段。特に新しさはないが、楽天ペイは、これまで楽天カード会員専用の印象が強かっただけに大きなアップデートだ。

楽天ペイアプリを使って楽天キャッシュに現金チャージが可能に

 楽天キャッシュは、楽天ペイアプリの支払いに充当するなど、楽天ポイントのように使える事前チャージ型電子マネー。楽天ポイントをはじめとする企業が発行するポイントは、獲得するための何らかのアクション(買い物、カード利用、キャンペーン参加など)が必要で、そこにポイント固有のプレミアムな価値がある。
 
楽天グループの多彩な決済・ポイント/金融サービスと、
その一つ「楽天キャッシュ」の特徴(2022年6月16日開催・
楽天キャッシュ説明会 プレゼンテーション資料より。以下、同資料より引用)

 対して、楽天キャッシュなどの電子マネー残高は、現金・フリマ売上金・ポイントを、紙幣や硬貨を用いないデジタル支払いで使いやすい電子マネーに交換しただけであり、電車やバスに乗れる交通系電子マネー以外は特にプレミアムな価値はない。
 
楽天ポイント(通常ポイント)より、楽天キャッシュのほうが利用用途は限られる。
楽天経済圏においては「楽天ポイント」のほうが価値は高い(図解は独自に作成)

 今回のセブン銀行ATMでの現金チャージ対応で、リアル店舗で楽天ペイを利用するにあたり、「楽天カード×楽天ペイ(楽天キャッシュ利用なし)」「楽天キャッシュに楽天カードからチャージ×楽天ペイ」と「楽天キャッシュに現金でチャージ×楽天ペイ」の主に3通りから選べるようになった。

 楽天カード会員は、事前に楽天カードからチャージした上で、楽天ペイを利用可能な店舗では、楽天ペイの「キャッシュ優先」設定で支払い、楽天ペイは利用できないがQUICPay(非接触決済)は利用できる店舗では楽天カードのQUICPay、同じく楽天ペイは利用できないが「Visaのタッチ決済」が利用できる店舗では「Visaのタッチ決済」(国際ブランドがVisaのカードの場合)、クレジットカードしか利用できない店舗・窓口では楽天カードで支払う。これだけで、楽天ペイが利用可能な店舗では、常に業界最高水準の合計1.5%還元となる。

 ただし、楽天ペイでのポイント/キャッシュの利用は、最大1回3万ポイント/3万円相当の利用上限があるため、3万円を超えた分の支払いの還元率は1%だ。
 
「楽天ペイ いつでも最大1.5%還元」の内訳。
1.5%還元は、ビューカードでモバイルSuicaにチャージした場合と同じだが、
楽天ペイの支払いにポイント/キャッシュを充当する場合の上限は3万円なので、使い勝手は高い

 楽天キャッシュに現金でチャージした場合も店舗ごとの使い分けのルールは同様で、楽天ペイが利用可能な店舗で楽天ペイの「キャッシュ優先」設定で支払うと、1%還元となる。この0.5%の差こそ、楽天カードに新規入会するメリット・楽天カード会員が楽天キャッシュを使う(事前チャージする)メリットだ。

 スマホ決済サービス利用者数1位とされるPayPayは、収益機会の拡大、PayPay経済圏の拡大・グループ内のシナジー強化の一環として、22年10月1日にPayPayカード(旧ワイジェイカード)を100%子会社化する。PayPayの資本体制も変わり、ソフトバンクZホールディングス(旧ヤフー)の連結子会社となる。こうした財務基盤強化を機に、本記事で説明した「楽天カード-楽天キャッシュ・楽天ポイント」よりも分かりやすく、PayPayカードとPayPayをセットで使うメリットのある新たなサービスが登場するかもしれない。楽天やAmazonを常に意識しているように思える、ソフトバンク・ヤフー・LINEの各IDとゆるくつながるPayPay経済圏の広がりにも注目だ。(BCN・嵯峨野 芙美)

※当初掲載内容に、誤認による誤りがあったため当該部分を修正しました。読者・関係者の皆様にお詫びいたします。
ギャラリーページ

オススメの記事