• ホーム
  • トレンド
  • Visit Japan Webサービス、ファストトラックとの情報連携(データ引き継ぎ)が可能に

Visit Japan Webサービス、ファストトラックとの情報連携(データ引き継ぎ)が可能に

時事ネタ

2022/07/05 18:30

 デジタル庁は、2021年12月に提供を開始した「Visit Japan Webサービス」に、空港での検疫手続の事前登録ができる「ファストトラック」との情報連携(データ引き継ぎ)の機能を追加し、デジタル庁のウェブサイト上で公開している「操作説明書」を更新した。

オンラインで提出できる「Visit Japan Webサービス」

 Visit Japan Webサービスは、デジタル庁が提供する、海外からの入国者(海外から帰国する日本人も含む)が入国時に検疫・入国審査・税関申告の入国手続などが行えるウェブサービス。無料のアカウントを作成すると利用できる。対応言語は日本語・英語。利用にあたり、電子化(データ化)された検査証明書とパスポートが必要。

 ファストトラックは、厚生労働省が提供する、入国者健康居所確認アプリ「MySOS」を通じ、空港での検疫手続きの事前登録ができるサービス。対象となるのは、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港、成田国際空港。その他の空港では利用できない。
 
厚生労働省の告知

 デジタル庁では、デジタル社会(インターネットやスマートフォンを活用した、原則オンライン上で手続きが完結する社会)を目指し、これまで書面や対面が基本だった各種手続きや相談・連絡(通知)のオンライン化・デジタル化を推進している。
 
デジタル社会を形成するための行政サービスのデジタル3原則

 特に国・自治体が提供する行政サービスにおいては「オンライン化実施の3原則」を定めた。具体的には「デジタルファースト(個々の手続き・サービスが一貫してデジタルで完結)」「ワンスオンリー(一度提出した情報は二度提出が不要)」「コネクテッド・ワンストップ」を目指す。

オススメの記事