• ホーム
  • トレンド
  • なにかと話題のTBSドラマ「オールドルーキー」にハイセンスのテレビが登場!

なにかと話題のTBSドラマ「オールドルーキー」にハイセンスのテレビが登場!

時事ネタ

2022/06/29 16:35

 6月26日からスタートしたTBS系日曜劇場「オールドルーキー」。ドラマが始まる前からネットでザワついていたが、放映後もいろいろなツッコミどころで話題となっている。その「オールドルーキー」にところどころ映る大画面テレビは、ハイセンスジャパンの新製品なのだ。

 
主人公の新町亮太郎が勤務するビクトリー社のオフィス

 オフィスに壁掛けとして何気なく飾られているのは、ハイセンスジャパンのテレビで最大画面の85V型4K液晶テレビ85U7H。

テレビも冷蔵庫エアコンも全部ハイセンス

 これだけではない。主人公である新町亮太郎の自宅にもハイセンスの家電製品が置かれているのだ。どんだけハイセンスが好きなんだ…。実際のところは、主役の綾野剛さんがブランドアンバサダーを務めている関係で、ハイセンスジャパンがドラマの美術協力をしたということのようだ。
 
主人公の自宅テレビは新製品の65V型ミニLED液晶テレビ65U9H
 
右端に映っている自宅の冷蔵庫もハイセンスのG3601W

 元サッカー日本代表の自宅テレビが65V型の大画面テレビなのはうなずけるが、冷蔵庫のサイズは一般家庭よりも小さくないか? という素朴な疑問もある。しかし、ハイセンスの冷蔵庫の最大モデルが360Lタイプなので納得。加えて言えば、自宅のエアコンもハイセンスなのだ。

 85V型や65V型のサイズ感がドラマを通して分かるので、オフィスでのシーンは85V型、自宅でのシーンは65V型と覚えておくと大画面テレビを購入する際の参考になる。

 ブランドアンバサダーを務める綾野剛さんが主役で、設定が元サッカー日本代表。ハイセンスは今年の11月に開催されるFIFAワールドカップ・カタール大会の公式スポンサーになっているので、ドラマを機に知名度をアップしたいところだろう。

 ドラマで家電に注目が集まったのは、国民的なドラマになった「逃げ恥」が記憶に新しい。ハイセンスジャパンにとっても「オールドルーキー」の視聴率は、テレビ局以上に気になっているのかもしれない。

オススメの記事