• ホーム
  • トレンド
  • ドコモ、5Gサービスの人口カバー率、「2024年3月まで90%以上」目指す

ドコモ、5Gサービスの人口カバー率、「2024年3月まで90%以上」目指す

経営戦略

2022/03/15 19:00

 NTTドコモは、5Gエリア構築のスケジュールを加速し、2024年3月までに全国1741の全ての市区町村への展開と、人口カバー率90%以上の実現を目指すと発表した。

2022年3月6日時点のドコモの5Gサービスエリア

 現在、次世代通信規格「5G」のサービスは一部エリアで提供中で、サービスエリアは「サービスエリアマップ」で確認できる。3大都市圏ではかなりエリアは広がっており、22年5月末予定でさらに拡大する見込み。

 これまでは、「瞬速5G」と名付けた、5G専用の周波数帯である3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯を利用したエリア展開を進めてきたが、引き続き、「瞬速5G」による展開を進める。その一方で、周波数の有効利用の観点から、4G(LTE)周波数(700MHz帯、3.4GHz帯、5GHz帯)を利用した5Gサービスも提供し、人口カバー率の早期向上を図る。
 
今後のドコモの5Gサービス

 4G LTE用周波数を5Gに転用した5Gサービスは22年春から順次開始予定。

オススメの記事