• ホーム
  • トレンド
  • 福岡・北九州にイオンモール「ジ アウトレット北九州」4月オープン、地域創生型の2号店

福岡・北九州にイオンモール「ジ アウトレット北九州」4月オープン、地域創生型の2号店

暮らし

2022/03/12 12:30

 イオンモールは、福岡県北九州市八幡東区に地域創生型商業施設「THE OUTLETS(ジ アウトレット)」業態2号店として、「THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット北九州)」を4月28日にオープンする。

「THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット北九州)」外観イメージ

 同施設は、「Meet Amazing Emotion」をコンセプトに、なりたい自分をかなえる「LIFE ENTERTAINMENT」、よりよい未来や街づくりを顧客とともに築く「SUSTAINABLE ACTION」、心から満足できる「アウトレットショッピング体験」の三つの価値を提供する。

 オープンエアな環境を最大限生かし、各ストリートにテーマ性をもった植栽景観を構築。公園を散歩しながらショッピングを楽しめるような、居心地の良さが感じられる環境空間としている。各ストリートの先には、フードトラックやカフェを併設し、開放感あふれる芝生広場を計画。新鮮な空気を感じ自由な時が過ごせる広場は、顧客や地域の人々の交流の場として活用されることを目指している。

 イオンモールでは、「ジ アウトレット北九州」とブリッジで連結する「イオンモール八幡東」を一体事業として位置づけて運営していく。また、「ジ アウトレット北九州」に出店予定の北九州市の新科学館「スペース LABO」、「KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY」、八幡東田地区内の博物館群とあわせ、北九州市などの関係機関との共創で、八幡東田地区での「学び」を通じた拠点性(エデュケーションツーリズム拠点)の確立につなげ、北九州市内をはじめとする地域の人々はもちろん、国内外からの観光客にも来てもらえる施設を目指す。

 「ジ アウトレット北九州」の主な特徴として、“LIFE ENTERTAINMENT”では、「学び」をテーマとしたエンタテインメント店舗の充実、また約3000平米のアクティベーションフィールドを活用し、なりたい自分を叶える新しいモノや体験への出会いを創出する。

 “アウトレットショッピング体験”では、ファッション、スポーツ、アウトドアなど世界からよりすぐりのブランドショップ約140店舗が集結。そのうち全国初7店舗、九州初12店舗、アウトレット業態初出店が9店舗。緑あふれる環境で、心豊かなブランドショッピング体験を提供する。
 
イオンモール「ジ アウトレット北九州」の位置図(イメージ)

 “SUSTAINABLE ACTION”では、よりよい未来に向け、「カーボンニュートラル」「フードロス」などの社会課題に、顧客や地域の人々と取り組んでいくとともに、よりよい街づくりに向け、周辺観光施設とあわせ、国内外の観光需要にも広く対応した施設としての確立を図る。

オススメの記事