• ホーム
  • トレンド
  • 高島屋、店舗では“売らない”事業参入 新宿店2階に4月上旬オープン

高島屋、店舗では“売らない”事業参入 新宿店2階に4月上旬オープン

店舗

2022/03/10 09:05

 高島屋は3月4日に、トランスコスモスとの合弁会社である、シンガポールのTAKASHIMAYA TRANSCOSMOS INTERNATIONAL COMMERCEが、ショールーミングストア事業を開始することを発表した。

高島屋新宿店にオープンを予定する、ショールーミングストア事業の出店イメージ

 ショールーミングストア事業では、百貨店ならではの接客サービス、ギフト機能を充実させた専用オンラインサイト、D2C企業を中心とした従来の百貨店にはない品揃えを三位一体で実現することによって、百貨店になじみのない顧客との接点を獲得するとともに、新たな価値を提案していく。

 専用オンラインサイトで購入した商品は、要望に応じてギフト包装での配送が可能。ソーシャルギフトにも対応しているので、SNSやメールアドレスを通じて、住所を知らない相手にも手軽にギフトを贈ることができる。

 取り扱い商品は、「食・グルメ」「ライフスタイル」「ビューティー」「日本アート&クラフト」「エシカル」といった、それぞれのテーマに精通する5名のキュレーターが一部をセレクトする。

 店頭では、専属のスタッフが展示商品の説明や、専用オンラインサイトの利用方法などのアドバイスをするほか、オンライン接客専用ブースも設置する(利用は事前予約が必要)。

 出展企業に対しては、店内に設置したAIカメラによって取得したデータ、専用オンラインサイトやSNSから得た閲覧データなどを組み合わせた定量分析をはじめ、専属の販売員が接客での会話を通じて得た顧客の購買意欲や動機といった定性情報が提供される。また、専用オンラインサイトはTAKASHIMAYA TRANSCOSMOS INTERNATIONAL COMMERCEが運営するため、出展企業は店頭用展示サンプルと販売用商品の手配といった最小限の準備だけで、さまざまな顧客との接点が持てるようになる。

 第1号店は、高島屋新宿店2階に4月下旬オープン予定で、将来的には国内外の高島屋店舗をはじめ、ASEANを中心に高島屋以外の店舗への出店も目指す。さらに、同事業で得たD2C企業とのネットワークを、現在TAKASHIMAYA TRANSCOSMOS INTERNATIONAL COMMERCEが取り組んでいる越境EC事業に活かすことで、出店企業に対して海外販路を提供するとともに、インバウンド需要を取り込んで、さらなる事業成長につなげていく。

オススメの記事