トヨタ、ロシア工場の稼働と完成車の輸入を停止

経営戦略

2022/03/03 18:00

 トヨタ自動車は3月4日から当面の間、ロシアのサンクトペテルブルク工場の稼働と完成車の輸入を停止すると、3月3日に発表した。ロシアトヨタの販売・サービス拠点数は168拠点。同工場では、ロシア市場向けのRAV4とCamryを生産している。工場の稼働と輸入を停止する理由は「供給問題」としている。合わせて「ウクライナとロシアで事業を行う企業として、広く公正な視野で事態を見極めた上で意思決定をした」と発表した。

ロシアの現地生産と完成車の輸入の停止を発表したトヨタ自動車

 ウクライナトヨタでも、2月24日にすべての事業活動を停止している。販売・サービス拠点数は37拠点に上る。なお、欧州のそれ以外の地域の製造・販売事業についての影響はないという。

 トヨタでは「世界中の皆様と同じようにウクライナの人々の安全を憂いており、一刻も早く平和で安全な世界が戻ることを願う」とし、すべての従業員、販売スタッフ、仕入先の安心と安全を優先する。

 トヨタでは3月1日、国内協力企業の小島プレス工業でサイバー攻撃によるシステム障害が発生したことで、国内全14工場28ラインの稼働を停止。翌2日から全工場の稼働を再開している。

オススメの記事