• ホーム
  • トレンド
  • 2月は東大阪市が20%還元でお得! 総額12億円でau PAY、d払い、PayPay、楽天ペイが対象

2月は東大阪市が20%還元でお得! 総額12億円でau PAY、d払い、PayPay、楽天ペイが対象

 大阪府東大阪市は2月1~28日の期間で「東大阪市キャッシュレスdeハッピーポイントキャンペーン」を実施中。キャンペーンポスターを掲示する市内の対象店でau PAYd払いPayPay楽天ペイのいずれかを利用すると20%分のポイントが還元される。これらのキャッシュレス決済サービスを導入する市内の飲食店全店、コンビニ全店、その他中小規模店舗などが対象となるため、広範囲でお得が楽しめるキャンペーンだ。
 

「東大阪市キャッシュレスdeハッピーポイントキャンペーン」

1人当たり最大2万円のポイント還元も可能!

 「東大阪市キャッシュレスdeハッピーポイントキャンペーン」は、新しい生活様式に対応する非接触型のキャッシュレス決済の普及促進と、地域の消費喚起を目的に開催。総額12億円で、対象の店舗でau PAYd払いPayPay楽天ペイのいずれかを利用すると決済額の20%分のポイントが還元される。
 
au PAY、d払い、PayPay、楽天ペイが対象

 ポイントの付与上限は、対象キャッシュレス決済一つにつき、1人当たり5000円分(1回当たり上限2000円)となっている。つまり、四つのキャッシュレス決済サービスを使っているユーザーなら、1人当たり最大2万円分のポイントを得ることも可能になる。
 
付与上限と還元の例

 キャンペーンの特設サイトでは、楽天ペイ以外のau PAY、d払い、PayPayなら、銀行口座と連携させずにセブン銀行ATMで現金チャージできる方法を紹介したり、東大阪市役所などで開催している市民を対象にした個別説明会の日程を紹介したりしている。説明会に参加すると、キャンペーンの内容やキャッシュレス決済アプリの導入、使い方の説明が受けられる。

 また、「シニア向けキャッシュレス体験会」も開催。キャッシュレス決済アプリの導入の仕方や使い方について少人数で丁寧な説明が受けられる。こちらは、指定のアプリを導入した参加者に200ポイントを進呈し、キャッシュレス決済を利用した買い物(200円相当)が体験できるブースも用意されている。

オススメの記事