• ホーム
  • トレンド
  • 東武鉄道、北千住駅と新越谷駅で「ドトールコーヒー」のサブスクサービス実施

東武鉄道、北千住駅と新越谷駅で「ドトールコーヒー」のサブスクサービス実施

販売戦略

2022/01/13 09:00

 東武鉄道は1月14日~3月15日の期間、コーヒーのサブスクリプションサービスを、東武スカイツリーラインの北千住駅と新越谷駅構内のドトールコーヒーショップにて実施する。販売期間は1月14日~2月13日を予定しており、先着1000名限定。月額料金は3500円(購入時に東武線の定期券を提示することで1000円割引)。

北千住駅・新越谷駅構内のドトールコーヒーショップで
コーヒーのサブスクを期間限定で実施

 今回行われるコーヒーのサブスクリプションサービスでは、対象店舗においてPASMOをはじめとする交通系ICカードを登録することで、Mサイズのホットコーヒーを毎日(月に31杯まで)飲める。また、同サービスで利用するPASMOが「トブポアプリ」に登録されている場合は、1000TOBU POINTが付与される。

 対応する交通系ICカードは、PASMO、Kitaca、Suica、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん(PiTaPaは対象外)。

 同サービスは、定期券・トブポアプリユーザーへの、新たな付加価値創造の検証も目的としている。

オススメの記事