• ホーム
  • トレンド
  • 新型コロナワクチン接種証明書アプリ、App Store/Google Playで公開

新型コロナワクチン接種証明書アプリ、App Store/Google Playで公開

時事ネタ

2021/12/20 12:00

 デジタル庁は、内閣官房、総務省、厚生労働省とともに進めていた新型コロナワクチンの接種証明書の二次元コードによる電子交付を開始した。App Store/Google Playで配信するスマートフォン(スマホ)向け専用アプリ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をインストールして申請すると、日本国内用と海外用の公的な新型コロナワクチン接種証明書を取得できる。

日本の予防接種法に基づいて各市区町村で実施された
新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明する

 一度取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示可能。国内用の証明内容は氏名、生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)。読み取り機能も備え、他のスマホや紙などに表示された接種証明書の二次元コードをスマホのカメラで読み取って内容を確認できる。
 
海外用新型コロナワクチン接種証明書は、
今後は、二次元コード付き接種証明書(書面・自治体窓口交付)と
デジタル(電子・申請受付後自動交付)から選べる

 インフルエンザの予防接種は、接種証明書の提示で割引といったサービスは一般的ではなかったが、世界的流行となった新型コロナウイルス感染症では、経済正常化に向け、接種証明の提示で割引や特典を提供するといった活用が検討されていた。今回リリースした新型コロナワクチン接種証明書アプリは、こうした国内でのワクチンパスポートとしての活用や海外渡航時の証明などの利用を想定している。

 なお、新型コロナワクチン接種証明書アプリは、接種時に住民票があった市区町村(接種に使用した接種券を発行した市区町村)が対応している場合に利用できる。おおむね対応済みだが、対応自治体はウェブでリスト形式で公開している。
 
新型コロナワクチン接種証明書フローチャート(自治体ウェブサイトより)

 利用にあたり、マイナンバーカード、マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カードの受け取りの際に設定した4桁の数字)が必要。さらに海外用はパスポートの国籍や旅券番号も証明書に記載するためパスポートが必要となる。アプリの動作環境は、iOS 13.7以上またはAndroid 8.0以上を搭載したマイナンバーカードを読み取り可能なNFC Type B対応端末。iPhoneの場合、2016年9月発売のiPhone 7以降に限る。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事